牛の個体識別情報検索サービス (独)家畜改良センター 閉じる

  
インターネット代行報告

 インターネット代行報告は、農協等の代行者が、届出Webシステムやパソコン報告システム等から農家に代わって牛の届出を行うためのシステムです。
 代行で届出を行う農協等は、代行者自身の農家コードを取得頂く(※)とともに、「家畜個体識別代行報告システム利用申請書」を家畜改良センターに提出してください。
※農家コードを取得されていない場合はお近くの農政局等へ新規登録の申請を行ってください。
 最寄りの農政局等はこちら


 家畜市場がID連携(イントラ報告)で家畜市場取引の内容と同時に、家畜市場へ出荷した農家の転出の届出を代行する場合についても、「家畜個体識別代行報告システム利用申請書」の提出が必要となります。ただし、「1.特徴」以降の記載は、主に届出Webシステムやパソコン報告システムによる代行を想定した内容となっております。
 家畜市場がID連携(イントラ報告)で代行する場合につきましては、ID連携(イントラ報告)のページの【家畜市場で出荷農家の転出の届出を代行する場合】 もあわせて参照してください。

1.特徴

  1. 代行者(農協等)の農家コードとパスワードで届出Webシステム等へログイン後、代行する農家を指定することで、指定農家の届出を行うことができます。
  2. 届出の翌日、登録又はエラーとなった内容をメールでお知らせします(届出Webシステムでは、メールでお送りする内容を画面上で確認、ダウンロードすることもできます。
  3. パソコン報告システムでは、耳標再発行請求や修正請求(※)も行うことができます。
    ※修正請求は、代行者が行った届出のみ可能です。
  daikouhoukoku
  ※画面は、届出Webシステムの代行届出機能です。

2.利用までの流れ
tetuzuki

◆代行報告依頼書の記載例
kisairei
   詳しくはこちらを参考にしてください(上記イメージがPDF形式でご覧いただけます)
pdfファイル代行報告依頼書の記載例(160KB)

  1. 上記は記載例です。代行で届出を行う場合は、牛の管理者と代行者との間でトラブルが起きないよう記載内容について双方で検討し、文書で取り交わしておくようお願いします。
  2. 書面(代行報告依頼書)を(独)家畜改良センターに提出する必要はありません。牛の管理者と代行者で保存してください。

3.利用手続きと利用方法

  1. 「家畜個体識別代行報告システム利用規約」を遵守することに同意の上、「家畜個体識別代行報告システム利用申請書」を家畜改良センターに郵送してください。

    pdfファイル利用規約 (家畜個体識別代行報告システム利用規約 300KB)

    pdfファイル申請書 (家畜個体識別代行報告システム利用申請書 40KB)

    【申請書郵送先】
    〒961-8511  福島県西白河郡西郷村大字小田倉字小田倉原1
    (独)家畜改良センター  個体識別部 あて


  2. 手続きが完了しましたら、メールでお知らせしますので、以降の手順は、届出システムごとに以下のリンクを参照してください。

    届出Webシステムで代行する場合

    パソコン報告システムで代行する場合

    ※ID連携(イントラ報告)については、利用手続き時に配布されている操作マニュアルを参照してください。

4.お問い合わせ

     お問い合わせ事項がある場合は、はじめにFAQ(よくある質問と回答)をご覧ください。



icon  PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、左のアイコンのリンク先からダウンロードしてください。
このページのトップへ戻る  

(独)家畜改良センター 個体識別部
所在地:〒961-8511 福島県西白河郡西郷村大字小田倉字小田倉原1
TEL:0248-48-0596
Copyright(C) National Livestock Breeding Center, All Rights Reserved
閉じる