牛の個体識別情報検索サービス (独)家畜改良センター 閉じる

  
耳標
耳標の管理換え(耳標が不足したときの対応)耳標が脱落した場合など(耳標の再発行)耳標と耳標装着器(アプリケーター)
誤った個体識別番号で耳標の再発行申請を行ったことにより個体識別番号の重複事案が発生しています。
耳標の再発行申請や再装着の際には当該牛の個体識別番号の確認をしっかり行ってください。
詳しくは、こちらのお知らせページをご覧ください。
(https://www.id.nlbc.go.jp/html/oshirase_back.html#2016030401)


■耳標の管理換え(耳標が不足したときの対応)

1.耳標の管理換えの仕組み


  1. 個体識別耳標は、管理者の所有権が設定されています。よって、別の管理者が耳標を使って登録を行う場合には、耳標の管理換え(所有権を移動する)手続きが必要となります。
  2. 耳標の管理換え手続きについては、所属団体を通じて各都道府県の個体識別担当部局(畜産課等)に申請して下さい。
  3. なお、耳標が不足した際も所属団体を通じて各都道府県の個体識別担当部局(畜産課等)にご相談下さい。
    管理換え処理された耳標が配付されます。
耳標の取り扱いの留意事項
  • エラーの原因となりますので、耳標の管理換えが終了したことを確認してから、出生報告を行うよう注意してください。
  • 現在の耳標については、補助金により配布していますので確実な管理をお願いします。在庫耳標の管理は届出Webシステム及びパソコン報告システムで確認できます。
【在庫耳標の利用のお願い】
廃業、規模縮小等による余剰在庫耳標については、所属団体にお知らせ下さい。
耳標の管理換え手続きを行い、耳標不足農家に配付します。
このページのトップへ戻る  

■耳標が脱落した場合など(耳標の再発行)

1.耳標が脱落などしたら(耳標の再発行)

耳標を取り外した場合や脱落した場合には、耳標の再装着の必要があるので、管理者は速やかに耳標の再発行を、届出Webシステム等で請求してください。
※FAXでの再発行請求は受付けておりません。

2.耳標の取り外し、耳標未装着流通の禁止について(担保措置)(牛トレーサビリティ法第10条第3項、施行規則第12条、第13条)

耳標は、勝手に取り外したり、番号を削るなどして見えなくするなどの行為は禁止されています。また、耳標を両耳に装着しないまま牛を流通させてはいけないことになっております。

ただし、以下の5項目により、やむを得ず耳標を取り外したり、耳標の装着されていない牛を流通することは致し方ないことにしております。

  • 牛が耳の疾患にかかっている。
  • 牛の耳に外傷がある。
  • 耳標の劣化などにより番号が見えないため、耳標を取り替える必要がある。
  • 出荷直前または輸送中に耳標が脱落した場合。
  • 農林水産大臣が特に必要があると認める場合。
【出荷直前又は、輸送中に耳標が脱落した場合】
上の5項目に該当して対応する場合(特に出荷直前又は、輸送中に耳標が脱落した場合が多いと思われます)は、以下の2つのうち、どちらかを必ず行うことになっております。
  • 取り外した(脱落した)耳標又は当該個体識別番号を記載した札を当該牛にひも等で取り付ける。
  • 当該牛の耳以外の部分に個体識別番号を塗料等で記載する。
【再発行上の注意】
出荷した方が再発行の請求をしますと、出荷した方へ耳標が送付されます。その場合、出荷した方は、牛を譲り受けた方へ確実に転送してください。なお、この場合、牛を譲り受けた方が持っている耳標装着器では装着できないタイプの耳標が送付される場合もありますので、牛を譲り受けた方が再発行請求を行うことをおすすめします。

届出手段 耳標再発行の届出の方法
届出Webシステム 報告トップ画面よりログオン後、メニューの中の【耳標再発行】を選択。
登録内容は翌日の『報告完了メール』にて確認してください。
届出Webシステムの耳標再発行請求手順はこちら(PDF:320KB)
電話音声応答システム(CTI) TEL:(186)0037-80-1777または(186)0248-48-0594に電話し、音声ガイダンスに従って報告をする。
耳標再発行はメニューの5を選択。
電話音声応答システム(CTI)の利用手順はこちら(PDFファイル:293KB)
パソコン(携帯)報告システム 報告トップ画面よりログオン後、メニューの中の【耳標再発行報告】を選択。
登録内容は翌日の『報告完了メール』にて確認してください。
パソコン報告システムの耳標再発行請求手順はこちら(PDF:309KB)
携帯電話報告システムの耳標再発行請求手順はこちら(PDF:252KB)
LOシステム 初期画面から報告入力を選択し【耳標再発行】画面に入力。登録内容は翌日の『登録完了メール』にて確認下さい。
LOシステムからの耳標再発行請求手順はこちら(PDF:218KB)

※LOのご利用にあたっては手続きが必要です。
詳しくはLO報告システムのページをご覧下さい。
※FAXでの再発行の届出は受け付けておりません。
このページのトップへ戻る  

■耳標と耳標装着器(アプリケーター)

【参考:耳標と耳標装置器(アプリケーター)】(平成28年度の場合)
耳標 日本での取扱い
メーカー
アプリケーター
連絡先 特徴 装着可能な耳標
(1)オールフレックス
フジタ製薬(株) 金属部分:赤
プラスチック部分:黒
「ALLFLEX」の文字が刻印
(1)オールフレックス
オールフレックス装着マニュアル(PDF:75.2KB)

(2)ハプトナー
ハプトナー装着マニュアル(PDF:377KB)

(3)エスジー工業
エスジー工業装着マニュアル(PDF:1.93MB)

(4)データマース
データマース装着マニュアル(PDF:96KB)

顧客センター
TEL:042-661-1970
(2)ハプトナー
(株)トレデスト 全体的に緑
」の文字が刻印
(2)ハプトナー

ハプトナー装着マニュアル(PDF:316KB)

ハプトナー社製耳標の配布について(PDF:182KB)

耳標装着に係る留意点(PDF:129KB)
TEL:045-532-9080
(3)エスジー工業
エスジー工業(株) 耳標装着マニュアル、耳標と各社装着器との関係については、耳標取扱説明書(PDF:1.93MB)をご参照ください。
TEL:03-3554-5461
(4)データマース
サージミヤワキ(株) 金属部分:青
プラスチック部分:黒
「DATAMARS」の文字が刻印
(4)データマース

データマース装着マニュアル(PDF:96KB)
TEL:03-3449-3711

【耳標装置器(アプリケーター)の適合性】
  1. 個体識別耳標は、補助事業において毎年度入札により決定しているため、必ずしも毎年同じタイプの耳標が同一農家に配付されるとは限りません。
  2. 予め送付されているアプリケーターとあきらかに適合しない耳標を送付する場合には、適合するアプリケーターを耳標と一緒に送付しています。
  3. アプリケーターによっては、装着する場合に留意すべき点がありますので新たなタイプの耳標を装着する際には、送付される耳標の箱(袋)に同封されている「耳標装着マニュアル」をよく読んで牛に装着するようお願いします。
【耳標装置器(アプリケーター)が破損したら】

■携帯端末機(ハンディターミナル)
  1. 携帯端末機(ハンディターミナル)を用いて、個体識別耳標に印刷されているバーコードから個体識別番号(10桁)を読み取ることができます。
  2. 推奨機種は以下のとおりです。これ以外の携帯端末機(ハンディターミナル)での動作確認、検証は行っておりません。(情報提供元:(一社)家畜改良事業団)。
  3. 推奨機種以外の携帯端末機(ハンディターミナル)をご使用された場合の不具合やバーコードの読み取りエラー等については、サポート対象外となります。(情報提供元:(一社)家畜改良事業団)。
このページのトップへ戻る  

(独)家畜改良センター 個体識別部
所在地:〒961-8511 福島県西白河郡西郷村大字小田倉字小田倉原1
TEL:0248-48-0596
Copyright(C) National Livestock Breeding Center, All Rights Reserved
閉じる